南方熊楠記念館>南方熊楠紹介 トップページへ

南方熊楠紹介

南方 熊楠 (みなかた くまぐす) 1867年4月15日〜1941年12月29日
南方熊楠  幼い時から驚くべき記憶力の持ち主で歩くエンサイクロペディア(百科事典)と称された反骨の世界的博物学者。19才の時に渡米、粘菌の魅力にとりつかれ、その研究に没頭、サーカス団に入ってキューバに渡るなど苦学しながら渡英。その抜群の語学カと博識で大英博物館の東洋関係文物の整理を依頼される。一方、科学雑誌「ネイチャー」に数多くの論文を発表。また、孫文と知り合い意気投合、以後親交を結ぶ。33才で帰国、紀州は田辺に居を構えると精力的に粘菌の研究に打ち込み、その採集のため熊野の山に分け入り、数々の新種を発見。 一切のアカデミズムに背をむけての独創的な学問と天衣無縫で豪放轟落な言動は奇人呼ばわりされたが実はやさしい含羞の人であり、自然保護運動に命をかけて闘いぬいた巨人であった。
 (前進座創作劇場 およどん盛衰記 より転記)



■熊楠の歩んだ道 ■熊楠の生涯 ■熊楠を理解する言葉


財団法人 南方熊楠記念館
〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町3601-1(番所山)
TEL・FAX 0739-42-2872

トップページに戻る