キジを見ました:4月13日

皆さんこんにちは。記念館の「チョボいち」です。
なぜ「チョボいち」かと申しますと、熊楠は息子さんや愛猫のことを
「チョボ六」と呼んで、日記に書いています。それにあやかってみました。
開館前、ゲート近くの広場でキジを見かけました。綺麗なオスです。

   
キジが歩いていた辺りを見に行くとスミレが一面に咲いていて、イヌ(戌)の彫刻がありました。のどかな桃太郎の世界です。