令和6年度 観察会・ウォークのお知らせ

南方熊楠記念館 令和6年度紀の国森づくり基金活用事業 環境省吉野熊野国立公園パートナーシップイベント

令和6年度 観察会・ウォークイベント
「南方熊楠にまなぶ生物多様性」

南方熊楠記念館では、令和6年度紀の国森づくり基金活用事業・環境省吉野熊野国立公園のパートナーシップイベントとして、「粘菌観察会」「昆虫観察会」「番所山ウォーク」「鎮守の森ウォーク」を開催します。

粘菌観察会

南方熊楠が研究を行った粘菌研究の紹介と、番所山で採集した粘菌の観察を行い、森林と生態系の学習を行います。

粘菌観察会

昆虫観察会

番所山は暖かい黒潮の分流の影響を受け、南方系の多様な動植物が生息しています。ここに生息する昆虫を通じ生態系の学習を行います。

昆虫観察会

番所山ウォーク

番所山の森を見学しながら、植物や南方熊楠にまつわるエピソード、生物多様性について解説します。
また番所山の森から植物の葉を採集し、植物標本しおり作りを行います。

番所山ウォーク

鎮守の森ウォーク

白浜町にある南方熊楠ゆかりの神社や鎮守の森や歴史、地質について紹介しつつ森林の魅力と重要性を解説します。

鎮守の森ウォーク

主催:公益財団法人南方熊楠記念館
協力:和歌山県 白浜町中央公民館 南紀熊野ジオパークセンター 環境省吉野熊野国立公園管理事務所 番所山を愛する会
※この事業は「和歌山県令和6年度きのくに森づくり基金活用事業」の助成で実施しています。